たくましい肩をつくるためのダンベルトレーニング

たくましい肩をつくるためのダンベルトレーニング

肩をがっしりとして見せるための筋肉は三角筋といいます。

 

この三角筋の前部・中部・後部をそれぞれ鍛えることによって、ボリュームある肩を手に入れることができるのです。

 

三角筋の中部を鍛え、正面から見た時の肩幅を広くするためには、まずベンチに腰掛け、両方の手にダンベルを軽く握ります。

 

肩のあたりの筋肉に少しハリが感じられて来たら、肩の高さまで持ち上げていきます。

 

肩の関節事態を動かすと、ほかの筋肉に負荷がかかってしまいますので注意です。

 

三角筋の前部は上腕を身体の前に持って来たり、内側にひねったりする際に働く部分です。

 

中部を鍛えるトレーニング同様にダンベルを軽く持ったら、肘を軽く曲げ、その角度を保ったままで三角筋に意識を集中しつつゆっくり前に上げていきます。

 

ダンベルに余計な力を入れないことと、肩関節が動く手前でやめることに気を付けましょう。

 

三角筋の後部は上腕を身体の後ろに持って来たり、外側にひねったりする際に働く部分です。

 

ここではバランスボールを使います。

 

いすなどにバランスボールを乗せ、そこに額をつけたら、ダンベルを持った両腕を横方向へと上げていきます。

 

腕が床に平行になる手前でストップすることと、背中を反らさないことに気を付けましょう。